航空会社で働くために

航空会社にも様々な業種がありますが、中でも競争率が高いのが客室乗務員です。しかし航空会社へ就職する際に募集要項を確認してみて下さい。どこの航空会社でも殆どが英語力を求められています。その事から見ても、航空会社で働くには、英語力が絶対に必要だということです。特に客室乗務員やグランドスタッフへの応募を考えている場合、TOEIC600点程度以上を求められる場合もあります。TOEICはあくまで目安です。試験が高得点でも普段から英語が使えなければ意味がありません。また外資系の航空会社の場合、中国語や韓国語が必要な時があります。特にそういった条件を提示していない場合でも、簡単な中国語や韓国語で会話が出来ると試験でのアピールポイントに繋がるでしょう。

外資系の航空会社で働く場合、客室乗務員に細かい身長などの制限がある場合があります。規定の身長をクリアしなければ採用されませんので注意が必要です。しかし国内の航空会社ではあまり身長制限がないところが多いので、身長が低いと諦めてしまう前に採用情報をしっかりチェックしましょう。また航空会社の面接では、業界に関連するニュースや社会問題などについても質問されることがあります。日常的に新聞を読むようにして、世の中の動きを見極めることが大切です。自分なりの観点で質問に答えることが出来るよう、気になった記事を纏めておくといいでしょう。