航空会社での仕事

幼い頃の夢に飛行機の操縦士や、スチュワーデスになりたいと願っていた方もいらっしゃるでしょう。同時に現在でもパイロットや客室乗務員であるキャビンアテンダントなどは、とても人気のある職種です。それらは孤立した職種ではなくすべて航空会社に付随する職種であることをまず知っておきましょう。そして機内通訳やグランドスタッフ、またコンシェルジュなど、実際にお客様と接するような華やかな業務ばかりが航空会社の魅力ではありません。

航空会社の業務には他にも裏方となる大切な業務が存在します。航空機の整備を行なうメカニック、着陸後に飛行機が停止する位置まで誘導するマーシャラー。このマーシャラーという業務は殆ど、男性の方が行なっていました。現在では女性のマーシャラーも多数活躍する業種でもあります。またお客様の荷物を航空機へ運び入れる貨物、そして機内食を作る業務など。

大まかにあげてもこれだけの裏方業務が存在します。特に機内食については自社に機内食部を設けている航空会社など様々です。機内食の種類も多様化し、通常の健常者の方が食べるものだけでなく、健康上の理由や宗教上の理由による特別な機内食を用意している場合もあります。またお子様用の機内食などもあります。他にも航空会社の窓口業務やオフィス業務など、一口に航空会社といっても沢山の仕事があるのです。当サイトではこうした航空会社で働くメリットや航空会社で働くために必要なこと、更にグランドスタッフと呼ばれる業種についてをご説明。皆様の夢が少しでも近づくような情報をご提供します。